HOME チームランドクルーザー
(TLC)
富士スピードウェイ 名古屋グランパス 名古屋城本丸御殿復元
プロジェクト
Partnership History

南米大陸を舞台に、走行距離約1万キロもの道なき道を14日間で走破しタイムを競う「ダカールラリー」。TLC(チームランドクルーザー・トヨタオートボデー)として「市販車部門」への参戦を続けるトヨタ車体は、2005年以来、勝利を重ねるも2012年に連覇はストップ。雪辱を果たすべく挑んだ2014年大会。1月4日、大会の火ぶたが切って落とされた。アンデスの高地やアタカマ砂漠など、厳しいコースを走り抜けた15日間。2台体制で参戦したTLCは、序盤から1 位をキープしたままゴールし、見事3年越しの悲願を成就させた!

アルゼンチン最終区間は、平均標高約3,500 メートルをゆく高地コースが続く。

柔らかい砂丘に苦戦する車両が多いアタカマ砂漠で、注意深くも果敢に攻める1号車(三橋・ゲネック組)。

チリ・バルパライソに設けられたポディウム(表彰台)にて、王座奪回に沸く1号車。